男性型脱毛症の治し方とは

AGA(男性型脱毛症)で悩んでいるという人は、現在国内には、1260万人もいると言われており、その治療法もさまざまです。
おもな治療法として、病院の処方やインターネットで購入することができる内服薬のほかに、育毛剤、サロンなどでのスカルプケアや薬剤を注入する方法、増毛治療やご自身の毛髪を頭皮に移植する自毛植毛なども薄毛治療には、有効とされています。
しかし、根本的にAGA治療を行うには、男性型脱毛症が発症する原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)の分泌を抑制させる必要があります。
ジヒドロテストステロン(DHT)は、胎児期には外性器を正常に分化させるという重要な役割がありますが、思春期以降になると、男性型脱毛症やニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こしてしまう可能性が高くなってきます。
ジヒドロテストステロン(DHT)の作用により、本来であれば2年から6年かかって育っていく毛髪の成長期が、わずか数か月から1年ほどにまで短くなってしまいます。
しっかりと太い髪の毛に育たないまま抜け落ちてしまう髪の毛が増えていくことにより、薄毛が進行していくと考えられています。
AGA(男性型脱毛症)を根本的に治していくには、5α- 還元酵素と、男性ホルモンのひとつであるテストステロンを結びつかせないようにさせる必要があります。
薄毛で悩んでいて、「これまで色々なAGA治療を試してみたけど、効果を感じられない」という場合には、根本的な治療法が間違っている可能性があります。
薄毛の原因が何であるかをしっかりと調査し、その原因に合った治療法をしなければ、どんなに高価な治療法であっても意味がないものとなってしまう可能性があります。

男性型脱毛症って遺伝は関係する?

男性が悩まされることになる頭髪の薄毛の原因の一つとして男性型脱毛症という病気が挙げられます。
これはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが体を循環する中で、頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応し合い、こうして分泌されたDHTという物質が頭髪の成長サイクルを乱し、抜け毛を促進させていくのです。
この男性型脱毛症を発症させる原因はまだ完全には解明されていませんが、あくまでその中の一つとして遺伝というものが考えられています。
よく親が薄毛だと子供も薄毛になりやすいと言われますが、そのことは遺伝子情報と密接な関わりを持っています。
そもそも男性と女性とでは遺伝子情報が異なります。男性はXYとなり、女性はXX。そして二人が結ばれて子供が生まれると、男の子は父親が持つYと母親が持つXとを掛け合わせてXYの遺伝子が形成されます。
この時の母から受け継いだXに男性型脱毛症を発症する情報が含まれているのです。
そのため、男性型脱毛症は母方の血筋で起こりやすいと言われています。
例えば自分の母方の祖父や母の兄弟などに薄毛の人が多いと、その人も同じ遺伝子を受け継いでいますので発症する可能性が高まると言えるでしょう。
ちなみにこのXの遺伝子を女性が受け継いだとしても、そもそも女性の体には男性ホルモンの含有量が少ないので、ホルモンと頭皮の酵素が反応して男性型脱毛症を発症するリスクは極めて低いものとなります。
また、これらは基本的なことに過ぎず、中には父親が薄毛で子供も薄毛に悩まされるというケースもありますので一概には言い切れません。
そのため、あくまで一つの目安として、もしも血筋的に男性型脱毛症を発症する可能性があるのであれば、できるだけ早いうちに医療機関を受診して対策を講じることで薄毛の悪化を食い止めることができるはずです。

男性型脱毛症になった時の心構え

男性型脱毛症になったと自覚した場合には、まずクリニックに行ってきちんとした診察を受けなくてはなりません。
そもそも、男性型脱毛症は自力で治療することが可能な種類の症状ではないからです。
男性型脱毛症は、先天的な男性ホルモンのバランスによって発症するので自力で体質を改善して薄毛を治療するという作業ができません。
薬や手術を利用しないと完全な髪の毛の抜け毛の予防は不可能なので、まずはそのことを前提に理解しておく必要があるでしょう。
男性型脱毛症にかかっているかどうかは、クリニックに行かなくても患者自身の薄毛の状態を確認すれば容易に判断できます。
男性型脱毛症は他の薄毛の症状と異なって特殊な進行をします。
本来、髪の毛の薄毛の症状は全般的に抜け毛が生じていくものですが、男性型脱毛症の場合には、一部の髪の毛を中心として抜け毛が進行します。
頭頂部だけが髪の毛が抜けたり生え際を中心として抜け毛が始まっていったりするので、抜け毛の症状を見ると頭頂部がバーコードのような形になっていたり、前から見るとM字模様に髪の毛が抜けたりします。
こうした症状は、その人が生まれ持っているホルモンのバランスで決定されます。
日常生活に気をつけてバランスの良い食事をとっていたとしても男性ホルモンが作り出す発毛を阻害する物質の影響によって、将来的に薄毛になってしまう確率が上昇します。
症状が現れた時には、根本的な原因を治療するために男性ホルモンがこれ以上分泌され過ぎないように薬を飲まなくてはいけません。
このように、対策としてはきちんとクリニックで考えられていますので専門的な治療を受ける際にはこうした前提を理解して治療できるものだという認識で心構えをしておきましょう。

■広島県で治療を受けるなら
広島県のAGA推薦医院はこちら

ページトップへ